世界へはばたく人を育てることをめざし
小・中・高・大の一貫した教育を実現

南山学園では、子どもたち一人ひとりの個性と能力に応じた推薦制度を充実させることにより、小学校・中学校・高等学校・大学、さらに大学院までの理想的な一貫教育の実現をめざしています。 南山小学校からは、南山中学校(男子部・女子部)、聖霊中学校へ推薦による進学の道が開かれています。

flow.png

南山高等学校・中学校男子部

education_combination02.jpg

1932年(昭和7年)に設立された旧制南山中学校の流れに立つもので、南山学園の原点ともいうべき学校です。 南山学園が標榜するキリスト教の精神による教育を基盤として、「高い人格」、「広い教養」、「強い責任感」の3つの校訓を掲げて、人格形成を主眼とする教育を行っています。心をたいせつに、のびやかながらも近年、難関大学に進学する大勢の生徒たちの存在があります。また、生徒たちの活躍には目を見張るものがあり、不可能と思えることにも果敢にチャレンジする校風があります。

南山高等学校・中学校女子部

education_combination03.jpg

本校が掲げる校訓「高い人格」とはキリストの教える愛を身につけた者のことです。 その人格形成のために欠かせないのが、「広い教養」です。教養とはひけらかされる知識の量をいうのではありません。それは人間を愛する愛の深さのことです。知識は愛の道具にすぎません。そして「強い責任感」。責任とは良心に耳を傾け、その呼び掛けに応答することです。このキリスト教精神による教育に基づき、体系的な6ヵ年一貫教育を通じて、国際的視野の育成を図っています。(1948年創設 2006年新校舎完成)

南山国際高等学校・中学校

education_combination04.jpg

「人間の尊厳のために」をモットーとして、帰国生徒と、外国人生徒のみを受け入れている学校です。 地元企業の要請に応え、1993年(平成5年)、豊田市に開設されました。前身は、1981年(昭和56年)に南山高校・中学校に設置された「国際部」です。国際部以来の随時編入を中学1年から高校3年までの各学年で、毎月2回程度実施しています。海外経験によって形成された様々な個性を伸長し、国際社会で貢献できる人材を育成しています。

聖霊高等学校・中学校

education_combination05.jpg

聖霊高等学校・中学校は聖霊会により設立されたミッションスクールです。 1949年(昭和24年)名古屋城に隣接する名古屋市中区三の丸に中学校が創設され、1952年(昭和27年)には高等学校を開校。1970年(昭和45年)に瀬戸市に移転しました。人間形成の上で重要な時期をキリスト教精神に基づく一貫した教育目標によって教育し、全人格的に優れた女性を世に送り出しています。

聖園女学院高等学校・中学校

education_combination07.jpg

本学院では、カトリック精神に基づく人格形成を目標に、人間としての生き方を学び、一人一人が聖園の生徒として成長し集団としての質的な高まりを形成していくように指導しています。ミサ、宿泊研修、練成会、クリスマスの集い、奉仕活動等々。これ等の宗教行事を体験することによって、イエズス・キリストの道や教えを学び、思いやりの心を育みます。 大切なのは神のみこころを知り、人に対する思いやりの心をもって生きること。 そして自らも喜びを感じる心を育てることです。

南山大学

education_combination06.jpg

本校の設立母体と同じ神言会により1949年に設立された中部唯一の共学のカトリック系ミッションスクールです。 「人間の尊厳のために」という教育モットーは、大学がその設立以来掲げてきたものであり、附属である本校もそれにならいました。国際的な視野をもつ人材の養成を目指し、人文学部、外国語学部、経済学部、経営学部、法学部、総合政策学部、理工学部の7学部を擁する総合大学です。大学院も充実しており、各学部での教育内容を発展させて研究する5研究科に加えて、法科大学院(ロースクール)、東海地区で初めて開設されたビジネススクールの2つの専門職学位課程も持っています。本校からは、校長の推薦があれば、学園内の中学・高等学校へ進学できる道があります。学園内の中学・高等学校から南山大学への推薦制度もあります。本学園には、理想的な一貫教育の環境が整っています。